2018年8月7日火曜日

スターリンの葬送狂騒曲

スターリンの葬送狂騒曲
The Death of Stalin
2017 フランス/イギリス/ベルギー/カナダ 107分

スターリンの死からベリヤの失脚まで。監督はイタリア系スコットランド人のアーマンド・イアヌッチ。アーマンド・イアヌッチといえばTVのコメディシリーズ『Veep/ヴィープ』が有名だが、『Veep/ヴィープ』の(やや度を越した)政治的な皮の薄さがスターリン時代の状況にそのまま転化したものが今作『スターリンの死』だということになると思う。つまりアメリカ初の女性副大統領にしてもスターリンとその周辺にしても単にコメディのためのネタであり、そのコメディは一見したところ政治的な味付けがあるように見えても正体は政治的でも、まして歴史的でもない。この映画の作り手は手にしたネタを面白おかしく見せようとしているだけで、これがさしあたりこの半世紀の出来事であるという認識はあっても、その期間における人類史に対して同時代的な責任を感じていない、と言えばおそらく言い過ぎになるのかもしれないが、その責任の欠如が対象としている時代と向き合う真摯さを失わしめているのは間違いないと考える。対象とすべき存在は記号化されたボケとツッコミのようなものではなく、不気味なほど複雑なものであったはずであるにもかかわらず、つまらないと思ったのか、手にあまると思ったのか(前者であろうと推定している)そこをきれいにスルーしている。はっきり言って不真面目な上に頭が悪い。ほぼ同じ題材を扱っていても、同時代のエピソードをそのまま再現すれば客観的にはコメディになるはずだという認識にもとづいた1983年のイギリス製コメディ『クレムリンの赤いバラ』のほうがはるかにまじめだし、そしてはるかに頭がいいし、それを言えば「スターリンの隠し子」を扱った1996年のオーストラリア映画『革命の子供たち』もかなり頭がいい。そして時代に対して少しでも関心があったならば、やはりほぼ同じ素材を扱ったアンドレイ・コンチャロフスキーの『インナーサークル』を見て、その時代のその場所には人間の手にはあまるほど何か得体の知れない厳かなものがあった(と記憶する人々が実在する)ことを学習しておくべきであった。
スティーヴ・ブシェミのフルシチョフには残念ながら感心しなかった。そもそもフルシチョフに向いているひとではないと思う。サイモン・ラッセル・ビール(『ターザン:REBORN』で武器商人をやっていたひと)のベリヤも同様で、ベリヤとしては声も気配も太すぎる。わたしとしてはボブ・ホスキンスの一人二役というのが好ましかったような気がするが、あいにくとすでに亡くなっている。スターリンの葬儀のシーンはそれなりのスケールがあって見ごたえがあったが、ルビヤンカやグラーグ、NKVDのいわゆる青帽のふるまいや夜間逮捕などに関する一連の描写は「正しくない」。ネタにしているだけだから、しかたなかろう、とは思う。

Tetsuya Sato

2018年7月16日月曜日

ジュラシック・ワールド/炎の王国

ジュラシック・ワールド/炎の王国
Jurassic World: Fallen Kingdom
2018年 アメリカ 128分

『ジュラシック・ワールド』の事件から5年後という設定で遊園地の施設は廃墟になり、パークの管理者であったクレア・ディアリングが恐竜保護団体を主宰してなにやらそれらしい活動をしているとイスラ・ヌブラル島の火山が噴火を起こして島に残った恐竜たちが危険にさらされ、恐竜への支援を求める声が巷に起こるがひさしぶりに登場したイアン・マルコム博士が連邦議会で要領を得ない証言をして人類の傲慢をたしなめながら恐竜の運命を自然にゆだねるように主張するので政府はイスラ・ヌブラル島の恐竜を見捨てる決定を下し、決定を聞いて絶望しているクレア・ディアリングはかつてハモンド博士と関係のあったベンジャミン・ロックウッドから接触を受けて恐竜を安全な島へ移送する計画への協力を依頼され、森へ消えたヴェロキラプトルのブルーを捜索するためにオーウェン・グレイディが呼び戻され、一行が島に到着するとすでに捕獲が進行中でオーウェン・グレイディもブルーとの再会を果たすがベンジャミン・ロックウッドの提案とは裏腹にロックウッド財団は最初から悪事をたくらんでいたので捕獲された恐竜は安全な島に運ばれる代わりに西欧から唐突に移植されたとおぼしきシャトーの下に作られた財団の秘密施設に運び込まれ、全世界から集まったいかがわしい人々を相手にオークションが開始される。
『ジュラシック・ワールド』の続編で前作の監督コリン・トレヴォロウは脚本に移り、監督はファン・アントニオ・パヨナに交代。前半のイスラ・ヌブラル島を中心にした一連の場面は軽快なリズムで構成されており、後半、ロックウッド邸に舞台が移るとここにはそもそも死にかけた大富豪、謎の女中、謎の少女、友好的なだけに絶対になにかたくらんでいる管財人となにやらゴシックな要素が盛り込まれていて、騒動が始まって手早く謎が明かされていく一方で怪物が月に向かって吠えるといきなりものものしくコーラスがかかるという大時代なホラー演出が展開する。対立する双方がなにかしら悲劇的な同質性をはらむのは監督のファン・アントニオ・パヨナがギレルモ・デル・トロに近いせいもあるのかもしれないが、シャトー/古城、人工の怪物、傲慢でもあり醜悪でもある人間というあたりで『フランケンシュタイン』という原点により強く接続されているような気がした。察するところ、後半の少々まがまがしい雰囲気は30年代以降のユニバーサルホラーに足を置いているのではあるまいか。ハマーも少し入っているように見えたが、古いところをきちんと勉強して応用している感じが好ましい。シリーズとしては冒頭と最後にイアン・マルコム博士を配置していることで、これは総括と考えてよいのだろう。クリス・プラットは安定のヒーローを演じ、ブライス・ダラス・ハワードもやる気いっぱいという感じでとてもよい(しかもよくよくウニモグに縁があるみたい)。あと装輪式対地雷装甲車ケイマンの映画登場は珍しいかもしれない。

Tetsuya Sato

2017年10月10日火曜日

ダッズアーミー

ダッズアーミー
Dad's Army
2016年 イギリス 99分
監督:オリバー・パーカー

1944年、連合軍がフランス侵攻を間近に控えていたころ、ドーバーの小さな町でホームガード(国防市民軍)の隊長を務めるマナリング氏はドイツのスパイを警戒せよとの命令で海岸一帯のパトロール任務に就くことになるが、それとときを同じくして美貌の女性記者ローズ・ウィンターズがロンドンから到着してホームガードの取材をすると告げるのでマナリング氏以下ホームガードの隊員たちは激しく興奮することになり、マナリング氏がウィンターズ嬢に粉をかければホームガードの軍曹でマナリング氏が支店長を務める銀行の行員であり、オックスフォードの出身でもある高学歴のウィルソン氏は(経緯はまったくあきらかにされないものの)ウィンターズ嬢がかつての自分の教え子であり、師弟恋愛寸前の関係にあったことをただちに思い出し、ホームガードの二等兵で偏平足で軍隊にいけなかったパイク青年はウィンターズ嬢にすぐさま恋して地元の娘ヴェラとの関係を劇的に終わらせ、同じく二等兵で地元で闇屋をしているウォーカー氏は自分の仕入れ先をウィンターズ嬢にべらべらとしゃべり、そしてもちろんドイツのスパイでコブラの暗号名を持つウィンターズ嬢はホームガードの男どもを手玉に取って地元の女性本土防衛隊(隊長はマナリング氏の奥さん)の反発を買いながらウォーカー氏を利用してドーバー要塞の秘密に接近する。
Amazon Primeで鑑賞。1968年からおよそ10年ほどBBCで放映されたTVシリーズの映画化で、話はケン・フォレットの『針の目』とほぼ同じ。マナリング氏がトビー・ジョーンズ(たしかフランク・ダラボンの『ミスト』で店長をやっていたひと)、ウィルソン氏がビル・ナイ、ウィンターズ嬢がキャサリン・ゼダ=ジョーンズ、ホームガードの間抜けな兵隊のなかにはマイケル・ガンボンが混じっているという豪華キャストで冒頭のロンドンを含めて大戦下の様子などは雰囲気があるが、全体としては非常に古めかしいコメディを古めかしい演出でやっていて、その全体としてゆるめの雰囲気を俳優たちが非常にリラックスして楽しんでいる。こちらとしてはなにかしらモダンな毒気がほしいところだが、こういうコメディもたまには必要であろう。
Tetsuya Sato

2017年9月28日木曜日

ウォークラフト

ウォークラフト
Warcraft
2016年 中国/カナダ/日本/アメリカ 123分
監督:ダンカン・ジョーンズ

オークの世界は邪悪なフェルの魔法のせいで滅亡の危機に瀕していて、そのフェルの魔法を使うオークのウォーロック、グルダンはフェルの魔法によって門を開いてオークの全氏族によるアゼロス侵攻を計画、先遣隊が派遣されてアゼロスの民に襲いかかり、同時に残るオークを招き入れるための巨大な門の建設が始まるので、事態を察したアゼロスの騎士ローサ―は国王レインを説得して守護者メディヴを召喚、メディヴは魔法によってオークの先鋒を撃退するがメディヴの行動にはどこか混乱があり、一方、グルダンの強引な手法に疑問を抱いたオークの族長デュロタンは人間との共闘を画策、レイン王と会うことに成功するものの自らは窮地に陥り、メディヴと意見のあわないローサ―はレイン王によって幽閉され、そうこうするうちに巨大な門が完成する。
同名のMMORPGの映画化。MMORPGには近づいたことはないが、草分け時代の『WARCRAFT』『WARCRAFT II』にはけっこう時間を費やしている。監督は『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズで、どちらかといえば雑なプロットを勢いで押し切りながらテンポよくまとめている。つまり、ちょっと見てみるつもりで見始めたら、結局最後まで見てしまった。アゼロス側の造形は例によって例のごとくだが、オークがたいそう愛情深く造形されていて、同じ個体は見当たらないし、デュロタンなどはドレッドヘアをうしろでめとめていたりする。ちなみにアゼロス王がドミニク・クーパーで、その王妃がルース・ネッガ、という取り合わせがamazonで放映中の『プリ―チャー』とかぶるので、あの低劣な番組の主人公がこちらではそれなりに高潔だったりするとなにか微妙な違和感がある。
Tetsuya Sato

2017年9月23日土曜日

エイリアン:コヴェナント

エイリアン:コヴェナント
Alien:Covenant
2017年 アメリカ/イギリス/オーストラリア/ニュージーランド/カナダ 122分
監督:リドリー・スコット

冷凍睡眠状態にある入植者2000人を乗せた星間移民船コヴェナントが目的地オリガエ-6まであと七年あまりというところへ進んだころに恒星のフレアによる事故が起こり、叩き起こされた乗組員は謎のシグナルを受信、調べたところその発信源はオリガエ-6よりも入植に適した惑星だったので、冷凍睡眠装置の事故を目撃してポッドに戻りたくない乗組員はコヴェナントの進路を変更してその惑星を目指し、惑星の軌道に入ると着陸船を送って発信源を探りにかかり、行方不明になった調査船プロメテウスの手がかりを発見していると乗組員が一人二人と倒れ、なにやら恐ろしい経験をしているうちに凶暴な怪生物の襲撃を受け、調査船プロメテウスの生存者で嘘つきアンドロイドの「デヴィッド」と遭遇する。コヴェナントの乗員で良いアンドロイド「ウォルター」がマイケル・ファスベンダー、悪いアンドロイド「デヴィッド」がマイケル・ファスベンダー、あとは死ぬために登場する顔のないひとたち。エイリアンはほぼ添え物で、内容は純粋に『プロメテウス』の続編であろう。そして『プロメテウス』が最初から最後までピーター・オトゥールの物まね大会に終わっていたら傑作になっていたかもしれないのと同様に、『コヴェナント』は最初から最後までデヴィッドが出ずっぱりで悪の限りを尽くしていれば傑作になっていたかもしれない。視覚的な驚きはすでにないし、どこかで見たようなシチュエーションの繰り返しは眠りを誘う。
Tetsuya Sato

2017年9月21日木曜日

怪盗グルーのミニオン大脱走

怪盗グルーのミニオン大脱走
Despicable Me 3
2017年 アメリカ 90分
監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ

1980年代の悪役専門子役バルタザール・ブラットが80年代を醜悪にひきずって本物の悪役になっていたころ、悪役を廃業したグルーのところではグルーはすでに悪役ではないという理由でミニオンが離反、新たなボスを求めて旅に出るが、言わば「困窮の末」に犯罪に走り、ステージで大喝采を浴びたあとで全員で刑務所にぶち込まれると強靭無比の不死身属性と数を頼みに囚人たちの上に君臨し、一方グルーは双子の兄弟ドルーの存在を知り、そのドルーから自らの出生の秘密を知り、あれやこれやがあったあとで兄弟でバルタザール・ブラットと対決する。
スティーブ・カレルはグルー/ドルーの二役をこなしていて、さすがの芸達者ぶりには感心した。ちなみにバルタザール・ブラットの声がトレイ・パーカーなわけだけど、これにはなにか意味があったのか(残念ながら格別おもしろくない)。作品自体は安定した形で無難に水準をクリアしている、という感じだが、ミニオンのレビューと恐怖の刑務所生活でだいぶ嵩上げされている。ということで、やっぱりミニオンは強いのである。
Tetsuya Sato

2017年9月20日水曜日

SING/シング

SING/シング
Sing
2016年 アメリカ 108分
監督:ガース・ジェニングス

子供のころに劇場に魅せられたバスター・ムーンは洗車をしている父親の助けで劇場の支配人になるものの、失敗が続いて倒産寸前という状態に追い込まれ、起死回生の方策として素人歌謡コンテストを考え出すが、秘書兼助手のカメレオン、ミス・クローリーが賞金の数字を2桁間違えたポスターを作ってそのまま町にばらまくので高額賞金につられた参加希望者がすぐさま劇場前に列を作り、そこでバスター・ムーンはオーディションに取りかかって才能のある数人を選ぶとそれぞれにテーマとスタジオを与えて訓練にかかるが、電気はとめられ、水道もとめられ、資金に窮して往年の大歌手ナナ・ヌードルマンに援助を仰ぎ、そのための準備を整えるとその準備が老朽化した劇場にたたって惨事が起こり、劇場は倒壊、廃墟は銀行に差し押さえられ、先行きを見失ったバスター・ムーンは落ちるところまで落ちていく。
同じILLUMINATIONの作品でもなんとなく消化不良の気味があった『ペット』に比べるとかなりいい。余計なひねりを加えずに正攻法のストーリーで骨格を作って、その細部を充実させることで密度の高い作品になっている。バスター・ムーン役のマシュー・マコノヒーをはじめ声優陣も豪華だし、コミュニケーション不能な日本人グループ、キューティーズもちょこまかしていてかわいらしい。
Tetsuya Sato